ポリシー

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

違いをわかりやすく検証してみよう

パスモとスイカは特徴がよく似ているカードです。
よく似ているパスモとスイカの違いはどういった内容になるのでしょうか?
パスモとスイカの違いは私も悩みました(笑)
同じなの!?会社が違うだけなの!?
と言った思いを持っている人は結構いるんじゃないでしょうか?


パスモとスイカの違いが1番わかりやすいのはオートチャージの面ではないか!
ということに気がついたのです。


オートチャージ自体、パスモの特徴の中でも大きな特徴だとは思うのですが、
パスモのオートチャージは残高が2000円以下になると、自動改札などを通過した場合
自動的に3000円がチャージされるようです。
自動的にチャージされることによって、あらかじめパスモカードと連携させている
クレジットカードが利用される・・ということになります。


パスモとスイカの違いがオートチャージにあると思ったのは
このカードと連携させているクレジットカードなど、オートチャージで利用される
種類にあるからです。


パスモで利用できるクレジットカードはパスモ関連会社だけになるようです。
一方スイカの方は、クレジットカードに関わらずビューカードや現金など
幅広く利用できる種類があるのです。


パスモとスイカの違いを1番わかりやすく表しているのは
オートチャージの方法なのではないでしょうか?
利用しやすいオートチャージの方法が利用客は多いように思います。


パスモとスイカの違いを大きく見てましたが、あなただったらどっちのカードの方が
利用しやすいですか?(笑)

モバイルスイカとパスモの闘い!?

モバイルスイカが利用可能になってだいぶたちますが
パスモは「モバイルパスモ」というものを発売していませんね。


そもそもモバイルスイカが発売された当初はモバイルスイカを利用するための
制限があったため利用客が伸びなかったとされています。


現在では携帯と連動され携帯をお財布代わりに使う機能は便利だとされていますよね。
私は実際のところは、あまりお財布携帯の機能は使っていないのですが、
便利さを把握した上でなら使う頻度が上がってきそうだな、とは感じています。


ではモバイルスイカが発売された今、モバイルパスモは発売されるのでしょうか?


パスモはオートチャージなどで利用できるクレジットカードの会社にパスモ関連会社の
クレジットカードであること、という制限があります。
この制限は利用客を把握する上ではとても役にたっているように思えます。


この制限がある中で、モバイルパスモを発売したらどうなるのでしょうか?
モバイルとなると利用客や登録客は広範囲で利用できる手軽なものになりますよね。
携帯はいつでも、どこでも持ち歩きができるものです。
登録しよう!と思ったら手軽に登録できるシステムを作る必要もあります。
パスモで利用できるクレジットカードに制限がある以上、広範囲での登録などに対応できるのかな?
と言ったのが私の意見になります。


モバイルスイカは、その点スイカを利用できる方法の範囲が広いので、システム面などでも、
把握や利用がしやすいのではないでしょうか?


モバイルスイカとパスモの闘いはまだまだ続きそうですね(笑)
闘い・・と言っていますが私が言っているだけですので(笑)

限定といえば!?

スイカカードやパスモカードは今話題にもなっているので
知っている人が多いと思います。
また先日スイカとパスモの相互もできるようになり便利な方向へ向かっていますよね^^


スイカとパスモが進化する中で記念としてやイメージアップなどの効果で
発売される限定品があるのは知ってますか?


まずスイカとパスモの限定品といえば、記念カードですよね^^
相互利用を記念して作られた限定カードです。
スイカとパスモの限定カードを手に入れるために、朝から行列ができた・・という話も聞いたことがあります。
記念や限定というものは言葉の響きだけで集めたい!という人もいますから(笑)


スイカとパスモの限定品といえば、記念カード以外何があるの?
と思う人もいるでしょう^^
実は、スイカカードにはまだ限定があるんです。


スイカカードのキャラクターはどんなものか知っていますか?
そうです!ペンギンですよね^^
スイカカードのキャラクターであるペンギンを使ったグッズが限定販売されているんです。


スイカカードの会社はJR東日本です。
JR東日本駅全体でスイカを利用できるステーションが山手線駅に広がっていますよね^^
そこで!山手線限定のキヨスクでスイカカードのキャラクターのペンギンの
グッズが数多く売られているのです。


スイカカードの限定グッズは92箇所のキヨスクで限定販売されているようです。
スイカカードのキャラクターに愛着を感じている人や限定品を集めたい人は
山手線のキヨスクでスイカカードの限定グッズを手に入れてみてください。^^

記念カードがあるって知ってた!?

パスモの電子マネー導入により、スイカとパスモの相互利用が実現しましたね^^
交通機関を利用する人にとっては嬉しいお知らせだったと思います。


スイカとパスモの相互利用を祝して
スイカとパスモの記念カードが発売されているのは知っていますか?
日本人は記念物が好きですよね(笑)
そういう私も大好きなのですが^^


スイカとパスモの記念カードの機能に違いはなく、
違う所といえばデザインが少し違うようです。
記念カードなので、2枚持っていても損にはならないような気がしますね^^


スイカとパスモの記念カードはデザインに多少の違いはあるものの
機能は一緒なのに、値段が違うんです(笑)
スイカ記念カードの方が高い値段になっています。
値段の違いの理由はわかりませんが、会社の関係なのかな?と思ったりもします^^;


スイカとパスモの記念カードは相互できるようになった記念でもあるので
持っているだけで価値は上がりそうな予感もしています。
記念カードの枚数も限定されていますので、記念物に弱い人なんかは
早めに購入を考えたりしていたんだと思います^^


スイカとパスモの記念カードは交通が便利になった印でもあるので
これからもスムーズに交通利用ができるようにがんばってほしいと思います^^


スイカとパスモの記念カードを購入していますか?
私は両方持っています(笑)
限定なのでほしい!と思った時に購入しておきましょう^^
持っているだけでも結構嬉しいですよ。

比較した結果!?

パスモとスイカって聞いたことありますか?


パスモとスイカを比較していく上では特徴を把握する事が大切になってきます。


パスモとスイカの特徴は非常によく似ています。
大きくあげると次のような特徴があげられます。
・定期いれからださず読み取り機にタッチするだけ
・のりこしをしてしまっても読み取り機で自動で精算してくれます
・1枚のカードを繰り返し使うことができます
・紛失の際にも再発行システムが整っています
・改札だけでなくバスでも利用することができます
・マークのあるお店で買物をすることができます


特徴が似ているパスモとスイカですが、比較する箇所はどこになるのでしょうか?
私なりに見た結果としてはエリアの範囲やポイントシステムなどの
細かいサービスと利用範囲を比較するのが1番の比較方法なのではないか、と思いました。


パスモは株式会社パスモが運営するカードで、スイカはJR東日本が運営するカードですよね。
パスモとスイカを比較する場合、企業への個人の好みも充分あり得ると思うのは私だけでしょうか?


少し前まではパスモの勢いが強かったようですが、パスモの在庫切れの状況などからスイカの勢いが増してきているように思えます。
特徴でもあげたようにお店で買物ができるなど便利な機能もたくさんあるので利用者が増えてきているのは言うまでもありません。


パスモとスイカを比較した場合、個人の好みも含まれますが利用範囲などを重点的におく人が多いように思います。